偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~

女性

頭が痛い原因

女性

偏頭痛は筋肉の収縮や血流が原因の可能性があります。例えばスポーツや仕事の過度な疲労による場合や、肩こりで血流が悪くなり頭痛を伴う原因になります。これらの治療を適切に行うには生活を改善することが大切です。

» もっと知ろう

ズキズキする頭痛の対処

医者と看護師

頭痛には緊張性頭痛と偏頭痛があります。その中でも偏頭痛は医療機関で治療ができるという認知度が低く、全体の7割の方は自分で対処している状況です。痛みへの対処としても薬が最も効果的であり、そのためには基本的に医療機関に受診して治療を受けることがベストであります。

» もっと知ろう

多くの方が悩む病気

男性

日本人の多くが悩まされる現代病の偏頭痛。原因は、精神的なものから食生活、生活環境など様々です。薬物治療などの対処方法がありますが、大事なことは、偏頭痛だと感じたら我慢することなく、病院に受診するなど適切な治療を受けることです。

» もっと知ろう

生活の質を低下させる頭痛

偏頭痛

薬物療法には2種類ある

偏頭痛の症状を訴える人は全国で800万人以上もいると言われています。それだけ身近な病気なのです。他の病気は痛みがあるとすぐに医者にかかって治療しますが、偏頭痛の場合は我慢していると消えてしまうので放置しているケースが多いのです。偏頭痛を放置しておくと仕事や勉強の効率が下がってしまいます。楽しいパーティーなどがあっても、急に偏頭痛に襲われるとせっかくの楽しみも台無しになります。偏頭痛のデメリットは、生活の質を低下させてしまうことにあります。治療法としては主に薬物療法が行われますが、2つに分けられます。発作が起こった時になるべく早く痛みを抑える急性期治療と、毎日薬を飲んで発作を起こさないようにする予防療法です。発作の起こる回数が月に数回以内の場合は、急性期治療を行います。発作の回数が多い場合は予防療法をしながら、急性期治療を取り入れます。急性期治療には主に鎮痛剤が使われますが、ドラッグストアなどでも市販されています。鎮痛剤の上手な使用法は、発作が起こり始めた初期の段階で服用することです。この時に注意する点は痛みがひどいからとたくさん飲まないことです。飲み過ぎると鎮痛剤が原因の痛みが起こってしまいます。予防療法は発作の回数を少なくすることができ、頭痛が起こってもひどくならないように抑える効果があります。最近は手術によって偏頭痛を治療する方法が始まっています。足の付け根からカテーテルを挿入して治療するものですが、保険の適用がないので治療費が高額になります。今後は手術による治療が広く行われるようになれば、保険適用になる可能性があります。

発作を抑える予防法

偏頭痛の厄介なところは、発作が起きても我慢すれば治まってしまうことです。また鎮痛剤を飲めば痛みが治まることです。このため根本的な根絶がなかなかできないのです。大事なのは発作が起こらないように、普段から予防することです。偏頭痛が起こりやすい食べ物があるので、なるべくそれらを避ける食生活をすると予防になります。例えば赤ワインやビールなどのアルコール類、チョコレート、チーズ、肉類、インスタント食品などです。特に化学調味料をたくさん使った料理を食べると発作が起きやすいのです。赤ワインにはポリフェノールが含まれており、それが血管拡張作用を引き起こすので偏頭痛になりやすいです。予防になる食べ物としては、ビタミンB2が含まれている食材です。納豆、レバー、うなぎ、ホウレン草などの葉野菜に多く含まれています。またマグネシウムは神経を安定させる効果があるので、大豆製品、ナッツ類、ひじき、まぐろなどが予防に役立ちます。また過労やストレスも発症の原因になりやすいので、なるべく身体を休めて気分を落ち着かせることが必要です。規則正しい生活をおくることが大事で、寝不足になったり寝過ぎたりするのもよくないのです。適度な睡眠を取ることが必要です。偏頭痛の特徴は、ある誘因によって発作が起こるケースが多いことです。ですから発作が起きる状況を良く把握しておけば、そのような誘因につながる行動を控えることで予防することができます。そのためには発作が起こった時の状況を日記などに書き留めておくことも大事です。

Copyright© 2015 偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~All Rights Reserved.