偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~

男性

頭が痛い原因

女性

薬の使用

偏頭痛の薬を多用しすぎると、診断基準上は薬物乱用頭痛という診断になる可能性になります。患者さんが頭痛をしたので鎮痛薬を飲んでいても、徐々に効かなくなる場合があります。頭痛の原因がわからないまま薬を飲み続けるのは危険です。本当に偏頭痛なのかを、自らの症状を冷静に考える必要があります。血管の痛みが偏頭痛になることがあります。また筋肉の痛みが緊張型頭痛になることがあります。他の頭痛に絡みついて出現することがあるため、偏頭痛なのに筋肉性の痛みが絡んでくることがあります。緊張型頭痛には大まかに分けて、筋肉の緊張による場合と精神の緊張に分けられます。筋肉の緊張による場合は筋収縮性頭痛と精神の緊張による心因性頭痛と呼ばれています。どちらの要因で緊張型頭痛になっているのを考えなければ、きちんとした治療が困難です。筋肉性の場合には、肩こりや首こりが頭痛を伴います。気になって仕事に集中できない場合などについては柔軟運動や肩もみで軽減することが可能性です。それでも満足できない場合には鎮痛薬を利用します。ただし、市販薬にせよ処方薬でも毎日のように飲み続けている場合には、減らす必要があります。効果があって量は増えておらず、胃腸障害のような副作用もないなら、すぐに減らす必要はありません。柔軟運動などをしながら、薬が減らせるように徐々に治療に努めることが大切です。今後も続けて服用していくことについて考え直してみる必要があります。治療は短期的に行うよりも長期的にすることが重要です。

頭痛と筋肉の関係

筋肉の緊張による偏頭痛の痛みの原因は、一般に疲労性筋痛とされています。スポーツや重労働で首などの筋肉が痛くなる疲労性筋痛では、睡眠中に寝返りをすると痛みを感じて目を覚まします。ところが、肩こりや首こりを中心とした偏頭痛の場合は日中ずっと継続した痛さがあれば睡眠妨害につながります。痛みを抑えるためには鎮痛薬では不十分であり、筋肉の異常な収縮を緩める必要があります。例えば、姿勢を正すように意識したり整体を活用する治療方法があります。交通事故などで脳の周囲を保護している硬膜が破れると、頭痛の症状を起こすことがあります。偏頭痛があるまま運転をするのは危険です。運転中は注意力が散漫になるので交通機関を利用することが大切です。どうしても運転が必要な場合などは休息をとることが大切です。休憩を挟むことで痛みを少しですが徐々に和らげる効果があります。体に力が入りすぎると血圧が上昇し、脳への血流が増えて脳室の圧が上がり、頭痛が強くなります。逆に力を抜くと圧が下がって頭痛が弱くなります。目の疲れや疲労を回復する効果が高いのは睡眠です。十分に睡眠をとることで体の力が抜けて筋肉が和らぐことで血流の血行もよくなります。自然治療としても効果が高いです。薬を控えることで通院や経済的にも費用を抑えることができます。病院で治療を行う場合には、医師による診断が必要です。適正な治療をするには普段の生活を改善することが必要になります。生活が原因の可能性もあるので診断の際には細かく医師と話すことが大切です。

Copyright© 2015 偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~All Rights Reserved.