偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~

男性

多くの方が悩む病気

男性

どうして痛みが起こるのか

現代病ともいわれる偏頭痛。日本においてもたくさんの人がこれに悩まされています。しかしながら、これだという治療法が見つかっていないのも現状としてあります。頭痛はとてもつらく苦しいものなのですが、我慢し痛みになれてしまうとつい病院に行くことをやめてしまいがちです。そういった意味では、実際の患者数としては、統計的に言われている数よりももっと多くの人が偏頭痛の痛みを抱えていると思われます。頭痛になると色々な面で支障や弊害が生じます。例えば、仕事や勉強、家事などです。これらの作業効率が極端に低下するほか、楽しい気持ちもなくなってしまいます。偏頭痛を放置することなく、しっかりと治療をすることが必要です。適切な処置をとることで、かなりの改善が見られることも多いからです。偏頭痛は様々な原因で生じると言われています。原因を大別すると3つに分けられます。1つ目は、疲労やストレス、ホルモンバランスの変化などから生じる精神的な要因です。2つ目は、温度の変化や臭、音、天気や気候の変化といった環境の要因です。そして3つ目は、タバコやお酒、カフェイン、空腹などの食事や嗜好品による要因が挙げられます。これらの要因のうち、自分にとって偏頭痛の元となっていると思うものについては、できるだけ避けていくことが治療に繋がります。タバコの本数を少なくしたり、お酒の量を減らすなども治療の一つです。しかしながら、ストレスを減らすことはなかなか環境を変えることが難しい場合もあります。可能な限り減らす努力が必要です。

どういった対処が必要か

偏頭痛に対しては、薬による治療も考えられます。薬物療法については、次の2種類に分けることができます。偏頭痛が起きないようにする予防薬、そして偏頭痛になってしまった場合に使用する薬です。それぞれに対処する薬は、医師や薬剤師の指導やアドバイスを受けながら適切な量を服用することが大事です。特にここでは、偏頭痛になった場合の治療薬について紹介します。症状が軽い場合には、鎮痛作用があるアセトアミノフェンや非ステロイド抗炎症薬が使用されますが、最もよく使われるのがトリプタン製剤です。偏頭痛に一番よく効くと言われ、満足度も高い薬です。トリプタンには、偏頭痛の原因と言われるCGRPの過剰流出を抑制する働きがあり、服用後30分程度で効果があらわれます。ただし、この薬は値段が高いというのがデメリットです。それと、服用するタイミングもあります。偏頭痛を感じる初期段階で服用しないと、その後に飲んでも効果が低いと言われています。こういったデメリットを勘案しながら使用してく必要があります。トリプタン製剤の登場によって、偏頭痛の治療は画期的に進歩を遂げたとされています。しかしながら、トリプタン製剤でも効かない症状もあるとも言われています。偏頭痛は、症状を悪化させることなく、慢性化させないことが大切です。薬が効かない場合は、他の病気も考えられますので、脳神経外科や神経内科の医師に受診することをお勧めします。日常生活において支障がある場合には、我慢することなく適切な処置を受けるようにしましょう。

Copyright© 2015 偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~All Rights Reserved.