偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~

男性

ズキズキする頭痛の対処

医者と看護師

頭痛で医療機関に受診する

頭痛は誰もが一度は経験する症状であり、非常に身体の不快感が強いものです。頭痛により日常生活に支障がでることも多く、場所が頭だけに脳に障害があるのではないかと不安に陥ることも少なくありません。頭痛のほとんどが突然発症してくるものであり、時間と伴に軽快するのが一般的です。社会生活でのストレスが因子となっている場合が多く、適切に治療を行わないと頻度が多くなります。頻回の頭痛によるストレスも抱えることは負のスパイラルに陥ってしまうため、注意が必要です。頭痛の代表的な病気として緊張性頭痛と偏頭痛があります。緊張性頭痛は肩や首などの頭に近い部位の筋肉が過緊張を起こし頭痛が出現します。どちらかというと肩こりや首こりが重症であるため、そちらの方で受診されるケースが多いです。一方、偏頭痛は血管拍動性頭痛であり、血管が何らかの要因で収縮し、あるきっかけをもって突然拡張することで、血管周囲の神経が拍動により刺激され痛みを生じます。特徴的なのは前駆症状があり、突然視界がギザギザ模様が見え、全体が眩しく感じることがあります。これを閃輝暗点といい、血管が拡張する「あるきっかけ」とはこのことです。痛みも強いこと以外に血圧の低下もあり、吐き気や座位することも困難になることがあります。ある調査では偏頭痛をもっている方の中で、医療機関に受診する方は全体の3割で、残り7割の方は自分で対処している結果があります。この背景には偏頭痛が医療機関での治療対象であることが認知されていないこともあり、今後も認知される活動が必要とされるでしょう。

痛みへの対処

緊張性頭痛は筋肉の過緊張が発生の原因であることから、この筋肉の緊張を解かなければなりません。例えば肩や首の運動、マッサージなどがあります。入浴中に行うと温熱により血行がよくなることから通常のマッサージよりも効果的です。他に自分が行う以外の対処として、施術師による針灸があります。一回の施術だけでは一時の改善しかみられないため、定期的に施術を受ける必要があります。しかし、これらは頭痛の予防の手段であることから頭痛への対処ではありません。痛みへの対処はやはり医療機関への受診が必要とされます。鎮痛薬うあ筋肉の緊張を解く筋弛緩薬などが処方されることが多く、全体の状態を調べた上での処方なので、安全性は高いものとなります。偏頭痛の治療は、緊張性頭痛と違い運動やマッサージは効果がありません。ましてや偏頭痛があるのに入浴するのは血管を更に拡張することになり逆効果となります。原因が血管の拡張によるものなので、この血管を収縮させることが痛みへの対処となります。血管を収縮させることを意識的に行うことは不可能であり、体外的に血管収縮作用があるものを摂取しなければなりません。無理やり血管を収縮させる方法として「寒い環境」があります。体外の環境が低い温度であると体内の熱を逃がさないように血管が収縮します。この生理作用を利用することで血管を収縮させることができるかもしれません。しかし、その前に風邪等を引き起こすきっかけとなりためお勧めはできません。こうなると薬による血管収縮作用が一番効果的となります。市販薬でも入手することができますが、やはり医療機関に受診して治療を受けることが安全性も担保されますので、痛みの対処としては最善の方法です。

Copyright© 2015 偏頭痛を早めに治療する~笑顔を取り戻し隊~All Rights Reserved.